SAWANの
ボディケア

タイ古式+バリニーズボディケアってどんなもの?

タイ古式はタイ伝統の一種のボディケアであり、指圧による揉み動作だけでなく四肢を曲げ伸ばすストレッチや受動的・支援つきヨーガの要素を含んだものが現代のタイ古式ボディケアと呼ばれています。

このタイ古式には、実に約2千5百年の歴史があります。
その創始者は、今から約2千5百年前の時代を、釈尊と共に生きていたインドのシワカ・コマラパ師とされています。彼は仏陀の主治医であり、サンガ(仏教僧の集団)の筆頭医師として活躍していました。
当時、仏教僧たちを救っていた仏教医学は、仏教の伝来と共にタイに伝わり、中国医学を吸収し、タイ伝統医学として確立されました。そして、ワットと呼ばれる寺院で、民衆を救っていくのです。
タイでのワットの役割は、仏教の教えを説く所だけではなく、集会所や学校の代わりにもなり、病院の役割を果たすこともありました。そのワットで、タイボディケアは奉仕活動の一環として、体の悪い人たちに無償で施されたのです。

そんな伝統的なタイ古式ボディケアは、現代ではスパ産業として現地タイ以外でも人気を博しており、全世界に約45,000人のセラピストがいるといわれています。


バリニーズボディケアとは、インドネシア・バリ島を代表するボディケアです。
ココナッツオイルなどのオイルを使い、手根、親指、拳、腕などでリンパの流れや筋肉に沿ってロングストロークで圧をかけて毒素(老廃物)を排出するボディケアです。
発祥はジャワ王家の健康回復や美容を保つための技術ですが、今は民間医療の一つとして発達発展し、当初は痛みを伴うような強いボディケアでしたが現在は効果が高まるよう、強い痛みを感じない心地良いボディケアとなっております。
なでるだけのトリートメントとは違い、リンパを流しながらむくみ、筋肉疲労、コリなどのケアもしていきます。


よく「世界で一番気持ちいいボディケア」など表現されるタイ古式ボディケアと、インドネシアの王族しか受けることの許されなかったバリニーズボディケアを組み合わせたSAWANのボディケアは、頭の先からつま先まで全身くまなくボディケアを行います。
タイ古式ボディケアと指圧で行う一般的なボディケアの違いとして、タイ古式ボディケアを行う施術者は手の平やヒジやヒザ、足など体の色々な部分を使い筋肉を刺激していきます。
センと呼ばれる人体を流れるエネルギーラインをゆったりとしたリズムで刺激し、こり固まった筋肉をゆるめていくことにより、血流が促され、自律神経のバランスが整い、人間が本来持っている免疫力や自然治癒能力を高める効果があるとされています。
また、アロマオイルを使い、主に手のひらと拇指で筋肉やリンパの流れにそって、ゆっくり時間をかけ力強くスローなロングストロークで指圧をしながらトリートメントしていくバリニーズを行うことで、筋肉の奥のコリをほぐし、またリンパの滞りを回復させ、毒素を排出促進することで、浮腫みの改善、ダイエット効果も期待できます。


SAWAN独特のジェントルタッチによる、極上のアジアンヒーリングをどうぞご堪能くださいませ。